発達障害とトラウマ

発達障害を持つ子供たちは、幼少期における集団生活の中で、問題行動などが見られるなどとして、周囲の人々からは、「育てにくい子ども」などといった印象を持たれてしまうことがあるようです。

問題行動を起こしがちな子供として、幼少期に、人前で叱られることが多かったり、注意されることが頻繁にある事で、慢性的にストレスを抱えていることがあるようです。また、子供たちが、周囲の大人たちから、注意を受けたり、強い干渉を受けることによって、慢性的に強いストレスを浴びることは、通常の脳の発育の状態が損なわれてしまったり 脳の認知機能が、うまく働かなかったりすることに繋がってしまうようなことがあるようです。

また、昨今も問題になっていますが、両親からの幼児に対する「虐待」などに関しては、何かしらの形で「発達障害」が関係しているなどとして、「発達障害」と「虐待」の関係性を研究している専門家もいるようです。

幼少期に、浴びせられる慢性的な強いストレスに関しては、子供たちの精神的な外傷などとなり、心的外傷後ストレス障害などの症状を引き起こすことがあります。

幼少期には、このような心的外傷後ストレス障害などの症状が見られなくとも、成人期になるまで、トラウマが治療されずに、そのままでいることで、犯罪や自尊心を保てずに、社会的な生活を送る上で、自立的な社会生活を送ることが困難であるような人々もいるようです。

[「なぜできないか」より「できること」を探すコツ]トップへ