発達障害の二次的障害

発達障害を持つ子どもたちの中には、集団生活の中で、様々な失敗や疎外感を感じてしまう子たちもいるようです。発達障害は、脳機能の一部の障害や、不具合などが原因とされ感覚的なものの中に、何やら風変わりな点が見られることがあるようです。

周囲とはかけ離れた感性や、感覚と共に、目立った行動が、場合によっては、問題行動などとされ、公の場で注意を受けたり、指摘をされることで疎外感を感じてしまったり自信を失ってしまうことがあるようです。発達障害を持つ子供たちが、自尊心を失ってしまうことで、様々な精神的な二次障害を引き起こすなどとも考えられています。

「うつ」「統合失調症」「ひきこもり」「睡眠障害」や「摂食障害」「頭痛」「腹痛」など様々な二次障害が事例として挙げられています。人間関係のトラブルや、自分に自信が持てない子供たちが、大人になるにつれて、社会的な疎外感を抱えてしまうことは、現代の日本社会の中でも、大きな問題として取り上げられています。

多くのメディアなどでも、昨今、語られていますが、実際には、発達障害に対する正しい理解を得られることはなかなか、現状難しい部分もあります。社会的に疎外感を抱えた人々が、発達障害の二次的障害として身代的にも、精神的にも、様々な問題を抱えてしまうことは、社会的な問題としてサポートが行われることで改善していきたい点でもあります。

[「なぜできないか」より「できること」を探すコツ]トップへ