「特性」と向き合うなかでリスクを減らす

「発達障害」の「特性」を持つ人々は、自分自身の特性に気づかずに、職場などで自らが問題の中に飛び込んでいってしまうような傾向もあるようです。男性や女性どちらにも言えることですが、職場などで軽い気持ちで雑談などに参加してしまうことで、思わぬ人間関係のトラブルに発展してしまうこともあるようなのです。日常的な会話や雑談の中には、冗談や表と裏のある話が含まれていることを、特性を持っている人々はストレートに受け取ってしまい、話の本筋を理解することが困難であるなどとも言われております。相手が冗談で放った言葉を真摯に受け止めてしまい、ひどく傷ついてしまったり、場合によっては人間関係をこじらせてしまうこともありますので、自分自身の「特性」をよく理解した上で、職場などでの雑談などには、自ら参加しないというようなルールを「マイルール」として決めておくことなども大切です。自分の「特性」を深く理解することは簡単なことではありませんが、リスクのともなう行動を減らすことも視野に入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です