発達障害の子供たち

私たちは、子供たちが、公園や広場で遊んでいる姿を見て、子供たちは大勢で遊んだり、同世代の子供たちと戯れることが、誰しもが好きであるといったような、概念を持ちがちですが、そのような子どもたちの中には、集団の外れた場所で、その様子を見ているだけで楽しんでいたり、集団の中に紛れることなく、一人で遊びを楽しんだりしている子供たちも、実はいるのです。そのような子供達の中には、発達障害を持ったような子供達もいることが分かってきました。発達障害とは、生まれながらに脳の機能の一部に障害を持っているなどと言われていますが、子供達が集団で遊ぶような状況でも、一緒に遊ぶことができない、遊び方がわからない、周囲の子どもたちが一体何をしているのかが分からない、というような状況の中で、他人との接触を拒んでいるような子供達もいれば、独自の自分の遊びに熱中しているような子供達もいるようです。発達障害には、「個性」などと呼ばれるような、様々な「特性」が見られ、その特性を、詳しく周囲の大人たちが見極め、サポートをしていくことで、その後の成長過程や発達に様々な影響を与えていくようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です