雨が苦手な子ども

例えば、公園などで遊んでいる最中に、雨が降ってきた場合、通常であれば、雨が降ってきたので傘をさそうとする子どもたちや、自宅へ帰ろうとする子供達が多いのではないかと思われるのですが、発達障害を持つような子供達の中には、雨を「痛い」もしくは「熱い」などといった独特な感性を持って表現するような子供達もいるようです。また。そのような感覚の中では、雨を極端に嫌ってしまったり。雨に触れることで大きな声で泣き叫んでしまうような子供達もいるそうです。そのような彼らの内面で起こっていることに、気づかない周囲としては、泣き止ませようと、様々な働きかけを行うかもしれませんが、実際には彼らにとっては雨というものが、驚異や恐怖心であることもあるので、無理やりに、雨は単なる水分あるというような認識を、体感させることを行うことは彼らに恐怖心を植え付けてしまうような事になりかねないのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です