発達障害のある子供を支援する「通級指導教室」

「学習障害」などの発達障害を持つ子供たちに設けられている「通級指導教室」は、日常的には、通常学級で様々な教科を学びながら、あらかじめ決められたスケジュールの中で、他校や自校に設けられた、特別教室に移動して、子供達が持っている学習面での不安や疑問を補強していくというようなシステムになるようです。発達障害などをもつことで、学習面に不安を抱えている子供達などの個々の「特性」に応じた、指導やサポートなどの支援を行う中で、「言語障害」や「自閉スペクトラム症」「難聴」「学習障害」「ADHD」などの様々な子供たちの障害に向けて支援を行っているようです。「発達障害」などを持つ子供たちにとっては、通常学級で様々な教科の学習を行うことは、大きなストレスである可能性もあります。通常学級に通いながら、決められた時間だけ、特殊な支援を受けることができるので、日常的な生活に大きな変化が見られないことから、本人たちにとって大きなプラスとなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です