発達障害と自信

発達障害を持つ子ども達と接する中で、「自信」をつけさせてあげるということは、大変大切なことです。彼らが、興味を持つ事柄に対して、うまくできているのであれば、褒めてあげることで、その「長所」を伸ばしてあげられることができます。発達障害をもつ子どもたちの中は、周囲の子供たちとは異なる優れた能力を発揮したりすることがあります。そのような「長所」に関して、伸ばしてあげることで、子供たちが持つ「障害」とされる「特性」をカバーする事ができますので、「長所」を見つけたのであれば、その長所を、伸ばしてあげるようなサポートを行ってあげましょう。子供達は、いずれ将来的には、社会の中で自立して生活を営んで行かなくてはなりません。そのような場面で、彼らが持っている「長所」を、最大限に活かせることが、社会的な生活を送る上で、大変重要な糧となってくるでしょう。彼らが自分たちの行いに、自信を持って、行動をとることで、自立した生活を営む力となってくるのです。彼らの持つ「特性」をやめさせるのではなく、彼らの持つ優れた才能を目立たせることで、「特性」を上手く活かしていくというような、考え方が必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です