「うつ」の裏側の発達障害

大人の発達障害などと呼ばれる、成人期の発達障害に対しては、成長期に家庭や学校などで、発達障害の「特性」の見極めができずに、社会人としての営みの中で、発達障害以外の二次的障害などを生み出し、精神科や心療内科に受診することで発達障害が見つけられることもあるようです。

発達障害の2次的障害などとされる症状は、「うつ」や「統合失調症」「摂食障害」「頭痛」「腹痛」などであるようですが、受診する医療機関によっては「うつ」などの二次的障害の裏側に、発達障害が隠れていることを見つけることができない場合があるようです。

発達障害の専門的な知識を持つ医師であれば、そのような症状の裏に発達障害が隠れていることを見つけることができるかもしれませんが、場合によっては、表側の「うつ」の診断に注意が奪われてしまい、その根底となる発達障害の存在に気がつかないこともあるようです。発達障害の存在に気づかぬまま「うつ」などの二次的障害のみの治療に専念していると、根本的な解決がされないことがあるようです。

[「なぜできないか」より「できること」を探すコツ]トップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です