リボ払いの怖さ

現在、ほとんどの業者で、リボルビングという返済方式、通称「リボ払い」での貸付けを行っているのではないでしょうか。
リボルビング払いというのは、借入金の限度を設定し、最低の返済金額より多い額というのを毎月返済することで、借入の限度額の範囲内であれば追加の借り入れができるという貸付契約のことでしょう。
リボルビング払いの返済というのは、毎月支払う額が一定であり、返済額というのは毎回それほど高額にはならないため、負担が少なく感じられるでしょう。
しかし、リボルビング払いのような方法で消費者金融と付き合い始めると、なぜか「いつまでたっても返済残高がなくならない」といった状況を招く恐れがあります。特にほとんどの消費者金融業者が採用している残高スライド方式によるリボルビング払いといった場合、返済して借入金の残高が減っても、月ごとの最低返済額も減っていくため、元本というのはいつまでたってもなくなりません。それに、銀行のATMでの借入れもできるので、借りる側は、預金残高が増えているような錯覚を起こし、借入金の限度枠いっぱいまで追加の借入れをしてしまいます。こうして借りる側は、リボ払いの「アリ地獄」から抜け出せなくなってしまうのです。返済が長期化し、寄生虫に血を吸われるように高い金利をサラ金に払い続けることになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です