引直計算で減る、借りた借金

消費者金融業者は、今から10年ほど前まで、ほぼすべての業者が、利息制限法を超える違法なグレーゾーンで貸付けを行っていました。なので、その間の借り入れと返済の経過を、利息を制限するための法に則った金利で計算すれば、借金というものは必ず減ると言えるでしょう。逆に、その範囲内の法定金利で借金しているといった場合には、借金は減るとは言えないでしょう。
しかし、たとえ現在の利息が18%以下であっても、それより高い金利であるということは過去には例が多いようです。そういった場合には、引直計算をすることでやはり借金は減るようなので、注意しておく必要があるでしょう。
引直計算とは、借りたり返したりした取引の経過に対して、利息を制限するために定められている法定金利を適用してやり直す計算のことを言います。
また、長い期間、消費者金融との間で借り入れと返済を繰り返すと、借金は次第に減っていき、さらには0円を通り越して「借金」がマイナスになるようです。すなわち、これはお金が返ってくるという事になるでしょう。つまり、これは借金を払い過ぎたと言え、この払いすぎた分を「過払い金」と呼んでいます。
ただし、多くの人が「法律上借金がなくなった」ことなど知らずに、消費者金融の言うがままに正直に返済を続けてしまいます。もちろん金融業者側では、利用者の情報をコンピュータ等できちんと管理、把握しているはずなので、借金がなくなり、過払い金が発生していることなどすぐ確認できるでしょう。にもかかわらず、金融業者は、利用者に通知せず、何も知らないのをいいことに、違法金利を提示した返済を続行させているのです。